良質のタンパク質とることで得られるご利益とは

タンパク質を構成するのはアミノ酸の中で特に重要なのが、9種類の必須アミノ酸です。必須アミノ酸は、人間の体内では生成できないものであるため、食べ物から摂取する必要があります。肉類や魚類に多いのは当然でありますが、大豆食品や乳製品にも多く含まれています。肉類ばかりを食べていると栄養が偏る場合があるため、豆腐や味噌などの大豆食品とバランスよく組み合わせることが重要です。

タンパク質を摂取することによって得られるご利益は、体中に張り巡らされている筋肉が作られることです。筋肉が丈夫でなければ、人間は歩くこともできません。あらゆる体の部位を動かすために筋肉が働いているからこそ、人は勤勉に働くこともできるのです。

タンパク質の不足が発生することは、特に高齢者にとっては大問題です。筋肉を作るために必要な栄養がなくなれば、足腰が弱って寝たきりになる可能性が極めて高くなります。お年寄りは肉を食べることを敬遠する傾向が昔からありましたが、最近では高齢者でも好んで肉類を食べる文化が根付いてきました。この影響によって、日本人の平均寿命も伸びています。肉類の脂肪分を取り除くことができれば、良質なアミノ酸を効果的に摂取できるため、極めて有益な食材になります。

 

Filed under: 未分類 — ばなな 3:38 PM